スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェルティーの凛・・・

今日はハハの昔話を聞いてください・・・・

15年前お兄ちゃん1号が2歳になって間もなく
お姉ちゃんが生まれてわずか4ヶ月・・・
我が家にシェルティーの赤ちゃんがやってきました♪
お兄ちゃんの希望と、子どもを育てる上でワンコがいるのは
教育上良いのではないかという
チチ&ハハの考えからです・・・
ワンコは**凛**という名前に!
お姉ちゃんが男の子なら付けようと用意していた名前です!


ちっちゃい凛は部屋の中をチョコチョコと歩き回ります^^
とても、可愛い~♪  でも、甘い考えでした
周りのものや人に反応するようになってきたお姉ちゃん。
凛がそばに行くだけで火の付いたように泣きます・・・
凛も小さなお姉ちゃんが気になって
そばによって行きます・・・

育児と育犬・・・しつけができているワンコの所に
赤ちゃんがやって来る
大変だと思いますが、絶対上手くいく!と思います
同時進行しようとしたチチ&ハハ・・・本当に馬鹿者です

半泣きでと弱音を吐く妹を見かねて5歳上の姉が
『お正月遊びに来たとき凛チャン連れておいで^^」と
提案してくれました・・・『犬を飼いたいと思ってたから^^」と!
正直、その言葉に飛びつきました!
無駄吠えも問題も何もない、賢い凛・・・
2歳のお兄ちゃんはよくわかってなかったと思います・・・

お正月~愛知の自然の多い田舎に住む姉の家に
養女に行った凛・・・
たまに会うと尻尾ブンブン振ってくれた凛・・・
病気知らずで健康な凛は一昨年13歳で亡くなりました。
老衰だったそうです・・・
姉の家に迎えてもらって本当に良かったと思っています。
あの頃のハハにはワンコを愛してあげる余裕がなかった・・・

そんなハハに今、ワンコを迎えられるのだろうか?
そんな資格があるんだろうか?
去年、お兄ちゃん2号がず~っと『犬が欲しい!』と
言い続けていてもなかなか決心が付きませんでした。
1年以上かけて考えて話し合い、今度はきっと大丈夫!と
ルーク&レイアを迎えました。

可愛いというだけではワンコは飼えない・・・
小さいけれど一つの命を預かるのだから~
生きているのだから・・・
15年前の馬鹿な自分に言ってやりたい!
ルーク&レイアを迎えたからこそ余計に思い出します・・・

写真もない長い文章を読んでいただいて有難うございます。

061218_0533~01.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何かウルウルだよ~(@_@。・・
結果としては、凛君は幸福な一生を終えたと思いますよ
皆に思われ続けられたんだもの・

その分 ルーク君とレイアちゃんに愛情タップリ 接してあげられるんだと思うよ・
ルーク君とレイアちゃんは とっても愛情ある 家族の
一員でいられて 良かったね(^_-)-☆

◆そよかぜさんへ◆

太郎君の幸せそうな様子を見ると
いつも救われた気持ちになります^^

私は姉に凛を数年預けるという発想がなくて
姉に貰ってもらったわけですが
太郎君のように何年か預かってもらう・・・と
言う考えもあったんですよね。

でも、やっぱりあの頃に自分には無理だったんだと
思いますv-390
ルークとレイアを大切にしますよ!

2才と生後4ヶ月のお子さんがいてパピーのワンちゃん!
確かに無謀なことしちゃったなって思いましたが、
それを自覚して新しいコを迎えるにあたりじっくり
と考えたというのはすばらしいと思います。
反省できない人って意外に多いですものね。

つい最近保健所の殺処分の話を聞きました。
アホな飼い主が生後2ヶ月の猫を連れてきて
「家族で海に旅行に行くからもう飼えない」って
ポンッと置いていったりするのだそうです。
動物を愛して一緒に暮らしている人からしたら
それが理由になる???ってもうわけわかりませんよ。
でもそんな現実があって殺処分されるコ達がいるんですね。

凛ちゃん、天寿を全うし今は天国で幸せにしてますよ。
そしてカンナ号さんの気持ちもぜーんぶわかってくれてますよ。

ルークくん、レイアちゃんはステキな家族にめぐり合えて幸せですね。



そんなコトがあったんですか~。
ワンコを飼うって 本当に最初の数ヶ月は大変なんですよね~。
子供も1歳までは大変ですものね~。
でも飼ってみないと分からない・・・。
カンナ号さんは 優しいお姉さんがいらして良かったですね~。
凛君はお姉ちゃんの一家と家族になれたんですもの~♪
幸せな一生を送れたんのではないでしょうか?
もしも生まれた自分の子供にアレルギーがあって急に飼えなくなった・・ナンテ場合でも
必死で里親さんを探し その子が幸せになれる最善の努力をする・・・。
やはり飼った以上はその努力はしなくてはいけないと思いますが・・・。
カンナ号さんの所は 自分のお姉さん宅ですものね・・・。1番近くで見てあげれたのではないですか~??
凛君!!お空で楽しく遊んでるかな~??
きっと見守ってくれてるんじゃないでしょうか♪

◆ひなたぼっコさんへ◆

本当に無謀でした・・・
実家でワンコは飼っていたのでワンコの世話は
大丈夫!なんて思い込んでいました・・・
世話をしていたのは殆ど父親だったのに・・・

保健所の猫の話は信じられません!
そんなことは出来ません!!
でも、私が馬鹿だったのは事実ですv-406

姉の家の庭先で日向ぼっこしてる凛が
頭に浮かんできますv-410
今も日向ぼっこしているのでしょうか・・・


◆かいままさんへ◆

そうなんです・・・v-390
我が家にいたのは6ヶ月間でした。
正月は姉の家に集まることが多く
子どもが小さいときは夏休みもお泊りしていました。
大阪と愛知で頻繁にはいけませんでしたけど~
行けば尻尾を振って迎えてくれました・・・
その頃、凛は私を誰だと認識していたのでしょう?
姉と義兄に懐いていたから
勿論飼い主ではなかったんでしょうね・・・

飼った人間の責任!私は忘れてはいけないと
自分に言い聞かせています・・・。

わかります。。
私も去年、保護犬のチワワを引き取ろうと
お試しで預かったのですが、
そのチワワが8歳で、元気なモモと暮らすには
ちょっと無理があるかも、、と思い、
保護主さんに返した経験があります。。。

お試し期間だったので、問題は無いとはいえ、
その時は返した事に罪の意識を感じてしまい、
早く2匹目が欲しくてたまらなかったけど、
その子に貰い手がつくまで
決して2匹目は迎え入れないと誓いました。。。
今は引き取ってもらったおウチで
幸せに暮らしていると思います。

凛ちゃんも優しいお姉さんのおうちで幸せに暮らせて
よかったですね。
カンナ号さんと縁があって、
その後、お姉さんと巡り合って。。
凛ちゃんは幸せだったんじゃないでしょうか。。。

ホント、今だからわかることってありますよね・・・。

幸せになるための…

命の責任の取り方にはいろんな方法があると思うのです…どんなに手放したくなくても 何とか一緒にいたいと思っても無理なときってあると思うのです…私はこの世の中に『絶対』は存在しないと思っているので 出来ないのにムリをして虐待したり殺処分にするくらいなら信頼の置ける ましてお姉さんならなおの事その時のベストな選択だったのではないでしょうか…このブログの中だけでもどれだけの里子ちゃんが幸せになっているか…カンナ号さんのその後悔の重さ分の愛情はきっと凛ちゃんに伝わっていると思いますよ…

◆モモママさんへ◆

去年ルークを我が家に迎えたこと
私の身内には4ヶ月間話せなかったです。
特に姉には・・やっぱり10年以上経ってても
引きずっていたんだと思います。
今年の正月に会い、話すと
『子ども達も大きくなったし、大丈夫だね^^』
と笑ってくれました・・・

モモママさんがチワワチャンの貰い手が見つかるまでは
って気持ち凄くわかります!
お試しでも責任を感じてしまうモモママさん優しいね☆


◆ひなたさんへ◆

姉の申し出がなかったら、勿論そのまま我が家に
いたでしょうが十分な愛情はかけてあげられなかった
かもしれません・・・

手のかからない賢いコだった事が
姉に言われていつもほっとしていました^^

一生忘れることのない思いですv-390
プロフィール

カンナ号

Author:カンナ号
名古屋生まれの名古屋育ち。
大阪人の旦那と3人の子供達~
7月1日生まれのLUKEと
8月2日生まれのLEIAと
楽しく大阪で暮らしています☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。